ホーム > 新着情報 > 仕事の悩み > 最近多いテレクワーク中心で運動不足からの頚部痛

新着情報 News

  • 仕事の悩み

最近多いテレクワーク中心で運動不足からの頚部痛

ブログをご覧の皆様こんにちは!

大田鍼灸接骨院です。

本日はデスクワークばかりで最近多い運動不足からの頚部痛と題してブログを書いていきますので

どうぞご覧下さい!

3年以上経過してしまいました!

新型コロナウイルス感染の影響が3年前から始まり、仕事のあり方の変化になるにつれて

会社に通勤することが減ってしまうようになり、自宅でのテレワークが多くなったことが原因で

長時間自宅でのパソコンを使用しながら仕事をするようになる方は多いのではないでしょうか?

来院時に肩のこりや腰痛、足の浮腫み、腕もダルさが出てきて疲労困憊。

運動は好きな方なので気が向いた時にはお散歩程度、

自分自身の身体が長時間のデスクワークが続いているために疲れが溜まっている方が本当に多いことに

最近気がつきました。

今までは会社に通勤していて、自宅から電車やバス、駅まで歩いたりしながら毎日の行動をしていましたが、今では自宅の中で部屋にこもってパソコンとにらめっこ!

リモートでの仕事でも、会社と同じように出来るということはメリットではあります!

リモートでパソコンの画面とにらめっこしながらでサボろうとしたらいつでも出来て、自宅にいるので

誘惑はあります。好きなようにお菓子をポリポリしながらお仕事している方も多いのではないでしょうか(笑)??

1~2回ほどであればいいんですが、毎日その状態が続くと息が詰まりませんか?

そうなると、テレワークでの身体の疲れが出て頚部の痛みも出て来ます!

頚部から肩背部にかけて痛みやダルさが出て来て仕事にも集中しにくくなってくるのは当然で

頚部痛はもちろん、腰部痛にもなりかねません。

注意しながら仕事していきましょう!

仕事の合間の5分でもいいのいで・・・!!

仕事の合間に5分でもいいので、ストレッチや自宅で出来る筋トレをしましょう!

長時間机に向かい、椅子に座るとだんだんと背中が曲がり猫背になってしまいます、さらに

脚もダルさや浮腫みなど頚部痛以外にも、その他の身体の不調が出て来ます!

頭痛や不眠、ストレスが溜まったり、眼精疲労など、この状態が続くと仕事効率も上がりません(^_^;)

そうならない為にも、5分でもいいので仕事の合間をみてストレッチや筋トレをしてみてください!

椅子に座った姿勢からしっかり手を上げてバンザイをするだけでも腕や背中の筋肉が動かされて

スッキリします。首を動かしたり腰を曲げたり・伸ばしたりしながら腰のストレッチ、脚のストレッチもしてあげると本当にリフレッシュ出来ます!

ほんの数回でもいいので腕立て伏せ・腹筋・背筋の筋トレをするだけでも大丈夫!

その数回が10回になり、15回になり、20回になり・・・

継続する事ができれば身体が変わってきます(^_^)v

決して無理する事ではなく自分のペースで筋トレを始めていけば自然と肩こりや腰痛、脚のむくみなど

お悩みの身体の症状が解消されていきますので5分だけでもいいのでストレッチや筋トレをやってみて

自分の出来る範囲からスタートして徐々に自分の身体を健康に導いていきませんか?

私はあなたの挑戦を応援しますよ!

枕の高さは大丈夫ですか?

いつも使用している枕の高さを気にされている方が最近多くなってきました!

頚部の痛みに関して睡眠時の枕の高さが重要になって来ます。

基本的に枕の高さが高いと気道が狭くなり息がしにくくなります(頚部が前屈してアゴが胸鎖関節につくような感じになると息苦しいですよね?)

反対に直立姿勢の状態で背筋をピンッとした姿勢でそのまま寝ることが出来れば理想で、この状態になれば息苦しくなく快適に呼吸が出来ます。

この状態に近づくのであれば枕の高さは自然と低いのが理想になり、バスタオルやフェイスタオルを

布団に引いて2つ折りか3つ折りくらいの高さにしたらそんなに高い枕にはならずに寝ることが出来ます。

いつも、高い枕を使用して寝ている方は慣れるまではしんどいですが慣れたら、枕の高さは低くても

大丈夫になります。低い方が寝やすくて呼吸がしやすくなり睡眠の質も向上します!

枕が合わないと、しっかり睡眠時間を取ったはずなのに疲れが取れきれずに寝起きがしんどくなり

仕事での集中力低下して効率も下がり余計に身体が疲れてきますので、枕の高さが合わないと睡眠の質も低下、その影響で頚部の痛みや肩こりが酷くなってきたりしますので自分に合った枕選びをしてください!

基本は出来るだけ枕の高さは低く、バスタオルやフェイスタオルの2つか3つ折りくらいがちょうどいいのでブログをご覧のあなたも是非やってみて下さい!

まとめ

最近多いテレクワーク中心で運動不足からの頚部痛と題してブログを書いていきました。

ご来院して下さった方のお話しがきっかけでこのようなテーマについて書いたんですが、頚部の痛み

が気になりテレワークでの仕事中も集中力が低下してしまいます。

身体の調子を整えるのに上記の内容以外にもまだまだ沢山方法はありますが

自分で簡単に出来て継続もしながらテレワークのお仕事に集中してくださいね!

ブログを最後まで読んで下さりありがとうございました。

このようなページもよく見られています

記事一覧へ戻る
大田鍼灸接骨院

〒 573-0071 大阪府枚方市茄子作4丁目34-2

診療時間
午前(8~12時)
午後(17~20時)

※○の時間帯は8~14時 / 15~20時