ホーム > 新着情報 > 体験談 > 30代男性 交通事故の体験談

新着情報 News

  • 体験談

30代男性 交通事故の体験談

本日は30代男性 交通事故の体験談をご紹介いたします。

交通事故での頚や腰、肩や膝など事故によりどのような状態で衝突されたのか?

また、衝突してしまったのか?など、交通事故は様々な原因から身体の症状が変わってきます。

ブログをご覧の皆様には十分に道路状況を見渡して自動車の運転はもちろん、バイクや自転車、

歩道を歩いているときにもしっかり周りの状況を確認してもらうようにお願いします。

では、当院での交通事故の体験談をご覧下さい。

交通事故の施術の際は、病院と自動車保険会社の了解を得てからの施術になりますので

どうぞご理解ください!

来院の経緯

初回来院時から1ヶ月前に自動車運転中、幹線道路の交差点で右折待ちのために車を停車しているときに急に後ろから「ドンッ!」という衝撃が走り最初は何が起きたか分からなくなり気が動転してしまい、事故の後スグに加害者から声をかけられてようやく交通事故に遭遇したことが確認したそうです。

その後、交通事故での手続きを経て、警察や病院、保険会社の了解も確認されて他の所で施術されていましたが、知人のご紹介で当院に転院されて施術を開始しました。

主な症状

  • 頚部の痛み、特に左右回旋時頚部に痛みあり
  • 腰部痛があり下肢のストレッチ体操をしたときの臀部から大腿部後面の痛み、シビレがある
  • 自動車運転時ハンドルを持っていた時に後方からの追突により右手関節も痛くなった

初回の施術

  • 枚方市在住
  • 30代男性
  • 仕事は 会社員(製造業)

交通事故での後方からの衝撃で頚部と腰部の痛みやダルさが痛みが出てきた直後から続いており、1ヶ月ほど経過したが、頚部と腰部の症状は特別に軽減していない様子。

頚部動作時、特に左右の回旋時に頚部の右側に違和感があり前屈・後屈もしにくい状態で頚部に対しての動作時痛もまだまだ症状が残っている状態で、腰部も歩行時に腰から臀部、左右の大腿部後面、ふくらはぎまで違和感があり歩きにくい状態で、腰から脚にかけて痛みやダルさが残っている状態。

初回施術時にはスパイラルテープ施術の内容も説明をして納得をして下さってから、頚部・腰部はもちろんその他の部位から痛みが出てきている状態。

頚部と腰部はもちろん、痛みの原因を見つけ出ながら施術を進めていき、初回施術は頚部中心に施術を進めることで身体の症状が軽減した為に頚部中心に施術を進めました。

初回施術後に頚部と腰部の症状が軽減し、頚部動作時痛についても左右回旋時の可動域が少し拡大。

初回時に身体の変化が感じ取られたので、施術後の身体の状態の説明をして初回の施術は終了しました。

2回目の施術

初回施術後、症状が軽減し頚部の左右回旋時可動域も拡大したが、初回施術後にはスグに戻ってしまう。

頚部の痛みはまだまだ残っている状態で、腰部の違和感はあまり軽減しない様子で左足の後面にシビレがあるという事を言われました。

2回目もスパイラルテープ施術の基本検査と施術開始

基本検査から頚部・腰部の痛みについての施術をした後に、頚部から肩背部、腰部、左右下肢までの
筋肉の緊張を軽くするために、鍼灸施術も組み合わせていきました。

鍼灸施術も組み合わせると、頚部の動作時痛も初回に比べて拡大し徐々に頚部の左右回旋時の痛みは軽減。腰部から臀部、大腿部後面・下腿部後面についての痛みやシビレは初回と比べると少しずつ軽減してきたが、下肢のストレッチ体操をしたときは大腿部後面にシビレや痛みが出ている状態。

施術後には、頚部・腰部についての痛みは軽減しているが時間が経過するとやはり身体の痛みが出てきて、施術効果が思うように持続しないので今後の課題でもあります。

3回目の施術

初回施術時から3回目までの身体の様子を聞いてみると、施術後の症状は軽減してきているが効果の持続時間が短く、施術後2日くらいは楽だが3日後には身体がしんどくなってきてしまうという事をお話しして下さいました。

初回時よりかは頚部と腰部の痛みは軽減してきているが、改めてカウンセリングをしながら施術開始。

スパイラルテープ施術基本検査を進め、手首の脈をみて症状を確認して腎虚症の反応がよかったので

腎虚症の処置を進める。

東洋医学的に処置を進め、身体全体をみながら施術したところ頚部と腰部の症状が軽減

さらに鍼灸施術を加え、頚部左右回旋時の痛みが軽減、腰部から臀部、大腿部後面の痛み、ダルさも軽減し施術終了。

施術後に、自宅で出来るストレッチ体操を指導しました。

4回目の施術

徐々に初回から頚部と腰部の痛み、臀部から大腿部後面の痛み・ダルさは軽減してきて

効果の持続時間も少しずつ長くなってきている様子で、施術を受けられた方も納得してくださいました。

3回目施術終了後からは、自宅で出来るストレッチ体操を取り入れて段々と痛みが軽くなり、身体を動かすことが出来るようになってきたそうで、症状の変化が出てきて嬉しそうにお話をして下さいました。

スパイラルテープ施術の基本検査と手首の脈を見させてもらいながら施術を進め、東洋医学的な施術と頚部と腰部に対する施術を開始。

施術終了後、頚部と腰部の痛みがだいぶ軽減し、頚部の左右可動域も初回時より可動域が拡大し頚部の痛みが半分以下くらいには症状が軽減。
腰部から臀部、大腿部後面のシビレや痛みはストレッチ体操をしても痛みが出にくくなりそうで、もう少しで症状がだいぶ軽減したことで、施術に対して段々と前向きになってくださいました。

5回目の施術

頚部と腰部の症状が全体的に良くなってきました。

しかし、自動車運転時に後方から追突された際にどうも右手関節がハンドルに当たり痛めていたらしく右手関節の痛みに対しても施術開始。

スパイラルテープと東洋医学的な施術を進め、手首の脈もみさせてもらいながら施術開始。

頚部と腰部、さらに右手関節の痛みも考慮しながら施術を進めると、下腹部の反応が出たので下腹部からの判定で処置を進める。

施術後は、頚部・腰部の痛みが軽減し施術終了。

右手関節については、施術前にはベットに右手をつけて体重をかけると痛かったのが施術後には比較的

痛みが軽減しベットに手をつけて体重をかける事ができてきたので頚部、腰部、右手関節の痛みが軽減し5回目の施術は終了しました。

6回目の施術

頚と腰の痛みが初回時より痛みを感じる事がだいぶ減ってきて仕事中も痛みを気にならなくなり

初回時より症状が軽減してきました。

右手関節の痛みについても軽減してきて、仕事中も身体の痛みを感じることが

だんだん減ってきている。

自宅で出来るストレッチ体操も継続されていて頚部の左右回旋時の可動域が拡大すると共に頚部の痛みが大幅に改善。腰から臀部、大腿部後面の痛みやシビレもストレッチ体操をしながら様子をみているが

痛みが軽減している様子。

頚部と腰部の動作時痛についてもかなり軽減してきて日常生活においても違和感が軽減。

スパイラルテープ施術・東洋医学的な施術を取り入れ手首の脈の反応も確認して施術開始。

肝虚症の反応があり、身体全体をみながら施術を進め、頚部と腰部、右手関節の痛みに対しての

施術を行う。

施術後は7割ほど初回時からの症状が軽減し、右手関節の痛みについてはベットに手をついた時の右手関節の痛みも軽減し6回目の施術は終了し、自宅で出来るストレッチ体操の指導は継続中です。

7回目の施術

前回から少し時間が経過しての施術になりました。

頚部・腰部・右手関節の痛みについて

お仕事中も徐々に痛みを感じる事が少なくなってきて、日常生活においても

だいぶ落ち着いてきました。

頚部を前屈したときに後頚部が突っ張る感じと下肢のストレッチをしたときに大腿部後面の

違和感が少し残っている状態。

交通事故直後の身体全体の痛みとしてはだいぶ良くなってきたがまだ身体の違和感がありますが

身体も動かしやすくなってきたので、施術を受けた方は安心して施術を受けてくださいました。

スパイラルテープ施術の基本検査から足関節からの処置が反応が出たのでその処置を中心に

施術を進めていき、鍼灸施術を頚部から肩背部、腰部と大腿部後面から下腿部に対して鍼灸施術

さらに、右手関節周辺にも鍼灸施術を進める。
施術後に頚部と腰部、右手関節の動作時痛が軽減し施術終了しました。

8回目の施術

腰部の痛みが残っている様子で、頚部と右手関節の痛みは初回来院時に比べるとだいぶ軽減。

8回目の施術は腰部の痛みを中心に考えて施術開始

腰部の重だるさが残っているが、その他の症状に対しては気にならなくなってきた。

腰部に対しての施術ももちろんですが、腰部の痛みの原因は頚部やその他の部位にあると考えて

スパイラルテープ・鍼灸施術を開始。

スパイラルテープ施術の基本検査から左股関節からの反応が出たので左股関節からの施術を進める

左股関節からの処置を行ったあとに鍼灸施術を行い8回目の施術は終了。

施術後は腰部の痛みが気にならなくなり、腰部の前屈や後屈時の痛みも軽減しました。

9回目の施術

頚部の痛みは初回時と比べると8割ほど軽減、頚部動作時の左右回旋時痛もだいぶ軽減し日常生活においても気にならなくなってきて、施術を受けた方もとても喜んでくださいました。

腰痛は少し、重だるさが残る状態ではありますが初回と比べて8割ほど痛みが軽くなり仕事もしっかりできるようになる。

右手関節についての痛みについては、ほぼ軽減しベットに手をついても痛みは気にならなくなりました。

スパイラルテープ施術の基本検査を進め、腎虚症の症状が出ていたので

腎虚症中心の施術開始

施術終了後、腰痛・頚部・右手関節の痛みが軽減し9回目の施術が終了。

初回は頚部・腰部に対しての痛みが出ていてスパイラルテープ・鍼灸施術を繰り返し、さらに右手関節の痛みについても施術していきましたが比較的短い期間でお悩みの症状が軽減し9回目の施術で交通事故としての施術が終了。

施術後、身体の痛みは軽減し仕事や日常生活においても問題なく生活出来るまで回復することが出来て

大変喜んで下さいました。

まとめ

交通事故ではむち打ちで頚部の違和感や痛み、腰部の痛みも多くてよく耳にします

しっかり、時間をかけ熱心に施術される方だったので比較的少ない通院日数で

お身体のお悩みが軽減しました。

最後までご覧になって頂きましてありがとうございました!

こちらのページもよく見られています

記事一覧へ戻る
大田鍼灸接骨院

〒 573-0071 大阪府枚方市茄子作4丁目34-2

診療時間
午前(8~12時)
午後(17~20時)

※○の時間帯は8~14時 / 15~20時