ホーム > ブログ > 接骨院情報 > ゴルファーに多い腰痛に注意!

新着情報 News

  • 接骨院情報

ゴルファーに多い腰痛に注意!

最近、ゴルフを楽しんでいる方が多いですよね?

学生から社会人、さらには定年退職されて年齢を重ねてもなおゴルフが趣味で

楽しんでいる方も多くなっています。

本当にゴルフが上手な方はエイジシュート達成されるプロゴルファーもいます!

男女問わず、プロゴルファーの夢をつかむ為に日々練習されている方も沢山いて

ゴルフ人口も徐々に増えてきているように思います。

そこで、本日はゴルファーに多い腰痛について書いていきます!

ゴルフの練習しすぎで身体を壊さないで!

ゴルフは、単純に身体を同じ方向に捻りますよね?

右打ちの方は左に捻り、左打ちの方は右に捻ります

この動きを数え切れないほど練習してスコアアップを目指して同じ動きを繰り返します。

どんなにゴルフスイングがキレイでも人それぞれの癖があっても同じような動きを繰り返しますよね?

ゴルフ練習場で最初の方は、身体の疲れも無く自分が思うようにスイング出来るかと思います!

『あれっ?今日は調子が良いいんかなぁ~?』

『明日のコースもこの調子でいけばスコアアップかも!』

って思いながら練習をしていると、しばらくして急に腰が痛くなったり、肩甲骨周辺に痛みが出たり身体が動かなくなった事はありませんか?

比較的同じ動きを長時間繰り返し、何回も身体を動かしていると、身体の負担が大きくなっている部位に負荷が掛かりやすくなっていきます。

その状態を繰り返していくと、腰痛や肩甲骨周辺から背中の痛み、腰から足にかけての痛みなど

その他にも身体の節々に歪みが出てきて痛みや疲れが出てきてしまい、過度に繰り返してしまうと

身体の疲れが溜まってきて疲労骨折を起こす可能性もあります。

ゴルフの練習のし過ぎで身体の不調をきたさないように、練習前には十分すぎるくらいにストレッチ体操はもちろん、軽くランニングなどをして汗ばむくらいに身体を暖めてから運動しやすい状態を作ってからゴルフの練習をしてください。

特に冬場の寒い時期には特に気をつけないと、冬場の早朝に1番ホールのティーショットを打った後

にギックリ腰になる恐れがあるからです!身体が動きにくい状態で思いっきり身体を捻ってしまい

腰から背中、肩甲骨にかけて痛みが走り、そこから先のコースが回れなくなってしまいます。

そのような事が無いように、しっかり準備運動・ストレッチ体操は怠らないようにしてください!

腰痛が多いです

ゴルフが本当に大好きな方が来院して下さった時にお話しを聞くと、腰痛との戦いだ!

という事を聞かされたことが何度かありますがブログをご覧のあなたはどうでしょうか?

ゴルフをされる方で1回は経験がある方が多いですよね?

身体全体を使い自然な形でキレイに打とうと意識しながらゴルフをしているが、前半の9ホールを

過ぎて後半の9ホールは少しずつ腰や股関節に痛みやダルさが出てくる事が腰痛持ちのゴルファーのお悩みですね。

同じ動きで右打ちをされているのであれば、たまには左打ちの練習もしてみてはいかがでしょうか?

同じ動きをしていると同じ筋肉が多く働き、いつもと違う筋肉も働きやすい身体作りをすると

筋肉の拮抗作用も働いて筋肉のバランスがよくなっていきます。

林に入って右打ちが厳しくて、左打ちしか出来ない状況もある事もしばしば・・・・・・

そんな時に左右打ちができる事は腰痛の予防や筋肉のバランスが整いやすく身体全体的な

痛みの予防とパフォーマンスUp・スコアアップにもつながっていきます。

無理に左右打ちを練習したらいいですよ!とは言いませんが、身体の筋肉のバランス良く使う事を意識したときには左右で打てることで身体の筋肉のバランスが整いやすく腰痛はもちろん、その他の筋肉の不調も軽減できる事が期待出来て、ケガの予防にもつながっていきやすくなりますので、左右打ちにも

挑戦してみてはいかがでしょうか?

私も、野球をしていた時は右打ちでしたが、左打ちは右打ちよりもスムーズに動かす事が出来ませんでした(笑)

左右打ちは大変ですが、身体のバランスを整えてゴルフを長く楽しめるようにぜひやってみてはどうでしょうか?

肋骨・体幹部の痛みもよく聞きます

身体を捻るときに、体幹部に大きな負担がかかります。

体幹部だけではなく勿論その他の部位に対しても負荷がかかりますが、どうしても体幹部に対しての負荷が大きくなってしまいます。

身体を捻る動きを数え切れないほど繰り返し、数日でしたらいいんですがそれよりも、数ヶ月・数年単位でゴルフを楽しんでいる方でゴルフプレー中に『何だかお腹がピリピリ痛むなぁ~?』と感じていて

その痛みがだんだん強くなってきて呼吸がしにくくなってきたりして耐えられなくなってくることもあります。

その時に疑うのは、肋骨と肋骨の間に筋肉があるんですがその筋肉を痛めていたり、肋間筋にまつわるその他の筋肉にも影響を及ぼしお腹から背中にまで痛みが出てくる事もあります。

専門医にみてもらうと、肋骨の疲労骨折と言われることもあります。

そのような時は、テーピングで固定したり、さらしや胸部に対してのサポーターでお腹をサポートしてあげてしばらく安静が必要になってきます。

肋骨を痛めたときはしっかりその時に安静を心がけて症状が軽減するのを待って日常生活をすごしてください。

呼吸がしにくかったり、夜間に寝返りがしにくいことがありますが、どうか我慢してくださいね!

肋骨の痛みが軽減するのに個人差はありますが1ヶ月くらいは安静を保ち、様子をみながら施術していかないと痛みを気にせずに大好きなゴルフが出来ません。

肋骨の痛みがある時は無理せずにゆっくりすごしてくださいね!

股関節と肩関節の状態も重要です!

ゴルフをするときに、1日で100回前後身体を捻りますよね?

もちろん、上手な人は打つ回数が少なくて回数が多いほど打つ回数が多くなり身体を捻る回数が

当たり前ですが多くなります。

その時に股関節と肩関節の関節可動域や柔軟性が重要になっていきます!

スイングをするときに肩関節が上手に働く事と股関節も同様に働くと、膝関節に対しても足関節に

しても身体に負担が掛かりにくい状態でゴルフスイングが出来てボールも自分が想定した所に飛びやすくなっていきます。

上肢・下肢の関節や筋肉の働きをスムーズに働きやすくする為に肩関節・股関節の働きは大切です。

肩関節と股関節は関節の形状が似ていて球関節になっていて、肩関節の不調があれば股関節の不調にもつながっていき、股関節の不調も肩関節にも影響を及ぼすことが多くなりますので常日頃からのケアは大切です。

腰痛が続いてしまうと不安になりスコアも悪くなってくることも多々あり、スイングのバランスも崩してしまい悪循環になってしまい、さらに腰痛も悪化してくるので身体の不安を感じたら痛みが治まるまではゴルフを休むようにして安静にするしかありません。

しばらくして痛みが落ち着いたら軽めに始めて段々と負荷をかけてゴルフを始めてください!

それから、体操やランニング、筋トレなど基礎体力をゆっくりつけていけばケガをすることも

無くなっていきます。その方が自然とケガしにくい身体になっていきますので身体の痛みがある時は

ゆっくり休んで痛みが酷いときは病院で腰の写真を撮ったりリハビリをしたり、鍼灸施術をしながら

様子を見て、痛みが減ってきたから無理してしまうと、また腰痛再発してしまいますのでご注意して
身体を動かすようにしてください!

実は定年退職をされて元気な方が多いんです!

お仕事を長い間勤め上げて定年退職された方でゴルフが好きな方は

多くてゴルフは若い方はもちろん、高齢者になっても元気に出来るスポーツの1つです。

もしかしたら、若いときに始めてから練習を重ねシニアゴルファーは本当に上手でゴルフ場でのマナーもしっかり理解されていてゴルフをいつまでも自分が元気なうちは楽しんでいますよね!

私はまだまだ仕事をして元気出していきたいので仕事を続けていますが年齢を重ねてゴルフをする
チャンスがあれば、ゴルフを楽しめるくらいに元気な身体でいれるようにしていきたいものです。

ゴルフもそうですが、若いうちから基礎体力を落とさず自分自身に無理しないように身体を動かし

いつまでも身体が動くうちは楽しんで練習場もコースも回りたいですね!

長年ゴルフをされている方は、身体の使い方が上手なことに気がついていますか?

プロのスポーツ選手でベテランと言われている方は若い選手と比べるとどうしても体力では

劣ることもあるのは事実です。しかし、それをカバー出来るくらいにその取り組んでいる競技に対する

ストイックな姿勢で日々の練習を欠かすことはなくしっかり取り組んでいます。

だから、長年プロゴルファーをされていてシニアの大会でも好成績を残して優勝される方も沢山いますよね!その代わり、しっかり身体のケアや毎日の食事管理も欠かさずされています。

自分自身が腰の違和感があったら決して無理はしないようにされて、しんどかったらスグに中止して

休んでいます。長くスポーツを続けるという事はその競技が好きで楽しいのはそうなんですが、自分自身の体調の変化を意識していて何か身体の異変を感じたらスグに中止する決断をしないと、次回もゴルフが出来ない事を理解されているので自分の身体に無理をする方は少ないです。

これは、年齢が若い方も同じで自分自身の不調や異変に早く気がついて対処していかないと

長くゴルフを続けることは出来ません!無理してしまうと腰痛はもちろん、その他の身体の不調に

悩まされることになり得ますので注意して下さい。

不調や違和感が出て来たら速やかに対処して病院にいき専門の先生に見てもらうようにして下さい!

早いうちに対処することで早期回復してまたゴルフを楽しむことが出来ますよ!

寒さと暑さの寒暖差で身体を壊す方が増えてしまいます!

年齢を重ねて身体を壊す方もいますが、若い方でも心筋梗塞などで身体を壊してしまう方もいます

ので絶対に身体に無理しないで下さい!

気候が極端に厳しいときは自宅でゆっくり過ごすのが一番落ち着きますよね?

気候がよくなり外出して楽しく気持ちがいいときにゴルフを楽しむことを心がけでいきましょう!

あまりにも真夏で暑い時、真冬で道路も凍結して寒い時や雪の時、大雨や台風の時はクローズするかは

ゴルフ場のご判断ですが、キャンセルも視野にいれてくださいね!何よりも元気な身体が大事なことを忘れないでください!

早朝にゴルフを始める時によく聞くんですが、準備運動をしっかりしないで身体を動かした時に

ギックリ腰や背中に対しての痛みが出てくることがあります。

いつも通りしているつもりが何故かその時にかぎって痛めてしまうことがあるんですかね?

朝晩の寒暖差が大きい季節にゴルフをプレーするときは十分に気をつけてくださいね!

日々のストレッチや日頃の身体のケアが大切!

ゴルフで腰痛にお悩みの方はもちろん、その他の身体の不調でお悩みの方は、練習前のストレッチ体操・ウォーミングアップに対しての意識が低い方が残念ながら多いかと思います。

若い頃は身体の痛みなんか気にせずに、仕事もゴルフもいっぱい出来た!ってよく言われる方

が、1番ホールで身体に無理してしまいギックリ腰などの急性的な痛みを起こしやすいです。

特に冬場の朝イチにゴルフをされる方はくれぐれも体調管理をしっかり行い前日も無理せずに当日

の準備をしてくださいね!

寝不足や、お酒の飲み過ぎで二日酔いの状態でゴルフをすることがないようにするのは勿論で

楽しくゴルフをするために、練習前の準備運動をしっかり行い汗ばむ位に身体を暖め動きやすい状態を作り、少しずつ体を慣らしてゴルフコースを回り、日頃の練習の成果を出してスコアアップを目指してください!

プロゴルファーやその他のプロと呼ばれるアスリートは準備運動・ウォーミングアップとストレッチ

練習後や試合後のクールダウンを絶対に疎かにしません!

試合前にしっかり身体を動かし身体を温めてゆっくりストレッチをして身体の状態を確認して

専属のトレーナーさんも同体したり身体のケア・コンデショニングなど徹底的にケアしています

練習前も練習中、練習後もしっかり身体のケアをしているので本番の大切な時にいい結果が出るんですよ!本当に素晴らしくてTVやラジオで放送されない所での並々ならぬ努力のたまものです。

私も含めて一般の方はTVやラジオでの試合結果に一喜一憂して試合での優勝者をたたえますが

それに至るまでのプロセスは周りの支えて下さるスタッフやコーチ、家族などの関係者には本当に

感謝してもしきれないプロゴルファーさんが沢山おられますよね。

アスリートの世界で大きな結果を出されている方にはスゴイのは勿論ですが、今までどんな辛い事や

くやしい事があってそれをどのようにして乗り越えたのか?というのも気になってしまうようになってきました。

それは私だけでしょうか?それともみなさんも考えることはありますか?

ブログをご覧のあなたも元気に楽しくゴルフをするために身体のケアをしていきましょうね!

常日頃の筋トレも意識して下さい!

どんな競技においても自分の筋力をしっかり維持する事が大切です。

それには日々の練習や日常生活においても筋力維持とアップについても考えて下さい!

最後の最後にものを言うのは今までの練習や常日頃やってきた筋トレが最後の1パットが決めれるかどうかにかかっています。

その為には日々の筋トレが大事になり、筋トレだけではなくランニングも取り入れて身体を鍛えることで身体の基礎体力がつていきますので筋トレも疎かにしないようにして下さい。

トレーニングの甲斐があり1~3ヶ月が過ぎた頃に筋肉が付いてくると本当に腰痛を感じなくなっていきます。

筋肉が付くことにより体幹部と四肢に安定感が出て来て身体の支持力も付き軸が安定してブレないフォームが出来てきます、そうなってきた時にゴルフ練習中に起こる腰痛も解消されていきますので

腰痛の解消には時間が掛かりますが根気良く筋トレを頑張ってしていきましょう!

まとめ

本日は、ゴルファーに多い腰痛についてのブログを読んでくだささり有り難うございます。

身体を捻る事が多いゴルフは腰痛が比較的多いスポーツです。

お身体に無理をせず、腰痛予防はもちろん、その他の身体の不調の予防もしっかり継続して

ゴルフコースを回ってくださいね!

記事一覧へ戻る
大田鍼灸接骨院

〒 573-0071 大阪府枚方市茄子作4丁目34-2

診療時間
午前(8~12時)
午後(17~20時)

※○の時間帯は8~14時 / 15~20時