ホーム > 新着情報 > 接骨院情報 > 60歳代女性 腰から下半身にかけての痛み事例紹介

新着情報 News

  • 接骨院情報

60歳代女性 腰から下半身にかけての痛み事例紹介

来院の経緯

約1年前から腰から足、両膝関節に痛みがあり、特に右膝関節の痛みに悩んでおられました。

その時に、知人の紹介で来院

枚方市在住 60歳代女性

主な症状

両膝関節に痛みがあり特に右膝関節と比べて左膝関節の方が痛みが強い状態で

約1年前には松葉つえを使用して歩いていたくらい膝の痛みが強かった

左膝関節の痛みをかばって右膝関節にも痛みが出てきている状態

自宅や公園の階段の昇降事に両膝の痛みが出てくる

初回の施術

施術前にお問い合せの電話からはある程度身体の症状をお聞きしたのですが

改めて今までお悩みの症状を伺いました。

その際にしっかりとお話しを受け止めて当院の施術方法について理解と納得

が出来るように施術を進めて行きました。

スパイラルテープ施術、手首の脈などの判定をもとに施術を進めると

下腹部に対しての反応から処置を進めて

さらに頚部からの反応を組み合わせて施術を行い、両膝関節に対しての処置

鍼灸とスパイラルテープの施術を行った後、院内を施術前と後の状態を比べてもらうために歩いてもらいました。

そうすると膝関節の違和感が軽減、踏み台の昇り降りの運動も出来るようになり

初回施術終了

2回目の施術

前回施術時は午前中だったんですが、その日に夕方頃に痛みが出てきて

その際、施術後に何かあったのかを聞くと、長時間スマートフォンの画面を見て

下を向きながらの姿勢が多くなっている事をお話しして下さいました。

頭を下げて下を向き、頚も痛くなり、背中も丸くなり腰も痛くなり、足にも痛みが出てくる可能性もあるのでスマートフォンの長時間使用を辞めるように説明。

その上で施術開始。

スパイラルテープ施術基本検査、手の脈などをみた時に頚部の反応が良く出ていたので

頚部の処置を行い、その次に腰と膝の処置を行いました。

鍼灸施術も組み合わせながら施術を進め、施術後に院内を歩いてもらうと

膝や腰の痛みが軽減。

本日の施術終了

3回目の施術

両膝関節の痛みが前回より徐々に軽減。

自宅での階段昇降運動に関しても動きやすくなり

左膝関節の痛みより右膝関節の痛みが気になり、左膝関節の痛みは8割程軽減した様子

スパイラルテープ施術の基本検査、手の脈を調べて徒手検査を開始。

頚部からの処置を中心に進め、腰と膝についての処置を行う

鍼灸施術も加えていき施術後は徐々に両膝を以前に比べて深く屈伸出来るようになり

3回目の施術終了

4回目の施術

初回施術からの様子を比べてみると

徐々に右膝関節、左膝関節の痛みも軽減

自宅で階段を上るときにも両膝関節に違和感が出なくなった

スパイラルテープと鍼灸施術を組み合わせて施術を進め

施術前のスパイラル基本検査・手の脈をみて処置を行い

施術後に接骨院の中を歩いてもらうと両膝に痛みを感じるような事も無い状態を確認

4回目の施術は終了

5回目の施術

初回施術時から比べて、左右の膝関節の痛みはだいぶ引いている状態

自宅から最寄り駅に歩いて行けるように徐々にストレッチ体操などを

取り入れ自分自身で出来る事を実行中

決して無理をせず自分が出来るペースを守ってもらっています。

6回目の施術

前回施術から少し時間が経過して来院されました。

自宅のベットから起き上がる時、動き始めの時に両膝関節が痛くなってしまう

動き出したら痛みが軽減するが動き始めだけが気になる様子

カウンセリングを進めてスパイラルテープと手首の脈をみながら基本検査を開始。

鍼灸・スパイラルテープ施術を進めていくと右股関節に反応があり左右の足の指、特に

親指に外反母趾もあった為に外反母趾に対する処置を進める。

施術終了後、院内を歩いてもらうと両膝の痛みが軽減し施術終了。

最後に院長から

60代女性の方は、慢性的なお悩みを抱えて来院して下さいました。

時間がかかっても自分自身で症状を解決して以前のように元気に歩いたり

階段を使う事を目標にされていて前向きな方でした。

その気持ちが伝わってきて施術を繰り返すうちに症状が軽減され、症状が良くなったあとは

元気に日常生活を過ごされているようです。

記事一覧へ戻る
大田鍼灸接骨院 枚方院

〒 573-0071 大阪府枚方市茄子作4丁目34-2

診療時間
午前(8~12時)
午後(17~20時)

※○の時間帯は8~14時 / 15~20時