ホーム > 新着情報 > 接骨院情報 > 椅子から立ち上がるときギックリ腰になってしまいました!

新着情報 News

  • 接骨院情報

椅子から立ち上がるときギックリ腰になってしまいました!

ブログをご覧のみなさまこんにちは

大田鍼灸接骨院です。

本日はよくあるお話しで「椅子から立ち上がるときギックリ腰になってしまいました!」

という題名で書いていきます。

よく問い合わせがある内容なので来院までに自宅での対処方法などお話ししていきますので

どうぞご覧下さい。

何だか腰が痛い?ピキッと腰の音を感じた!

ギックリ腰を起こしたことがある方は

1度は感じたことがあるのでは無いですか?

急性腰痛を訴えて来院されたときによく聞きます。

仕事はデスクワークが中心の方が多くてどうしても運動不足になりがちな方が多いのではないですか?

たまには軽い運動やストレッチだけでも仕事中にするだけでも身体は疲れにくくなってきますよ!

いつも通り仕事をこなしていて、翌朝に朝食を食べていたら突然腰に違和感が出て来て

「ピキッ!」て音がしてそこからだんだん痛くなってきて、自宅にいても身体が動けなくなってしまう

くらいギックリ腰は痛みが強いです。

とにかく、椅子に座ったり立ち上がったり、寝たり起きたりすることでさえ腰に痛みを感じ

日常生活において何をするにしても痛みが走ります。受傷直後は何をしても鋭い痛みで本当に大変です。

寝ていても、自宅のトイレにいくのも本当に大変でもうどうしようもなくて、最悪の場合は
仕事も休まないといけないくらい辛いです。

2~3日は自宅でゆっくり安静にするしかありません。

正直に言いまして、どうも出来ないからです!何をしていても腰が痛くクシャミをするだけでも
腰に響く方もおられますので本当に注意してください!

長時間仰向けに寝ていると腰が痛くなってくるのであれば、たまにストレッチをしたりしながら

自分で出来る範囲に腰を動かすようにしてください。

また、食事やトイレにいくときは赤ちゃんが移動するときに、最初は四つん這いでハイハイをしながら移動して、その後壁をつたって立ち上がりますよね?

そのようにして徐々に身体を動かしながら腰も少しは痛いでしょうが何とか動きながら生活して下さい!

腰だけではなく段々と背中やお尻から足にかけて痛みが出て来たりする方も多く、腰を痛めるとその他の身体の部位も痛める危険性がありますので注意が必要になります。

個人差はありますが目安として、2~3日が過ぎると徐々に身体が動きやすくなります(あくまでも個人差にはなりますので、酷い時は1週間ほどしんどい方もいますのでご注意ください!)

腰の痛みが引いてきたら徐々に身体を動かし、ゆっくりストレッチをしたり、痛みが引いたからと言って無理せずに慎重にしないとまたギックリ腰になるので本当に注意してください。そのような状態になれば軽めのウォーキングも出来るかと思います。くれぐれもちょっと動けるからと言って無理して身体を動かさないでくださいね!

受傷直後でもいいんですが、少しでも歩ける状態になってからは鍼灸施術などを受けるのもオススメです。ゆっくりでも身体が動ける状態になれば専門の先生のところにも通院が出来るので早期に痛みを取り除くためには鍼灸施術も1つの方法になります。

ギックリ腰直後は、何度も言いますが日常生活が思うようにいかなくなり、仕事も厳しくなりますので

普段から自分自身の身体のケアが大切になってきます。

予防方法

ギックリ腰は意外と自分自身でも思わぬときに
「あれ?何か腰痛いぞ?、これヤバイかも知れない!」と感じてどうしようも無くなってきます。

そうならない為にも普段から気をつけていかないといけません。

特に1回痛い思いをした方は何気ない動きでも気をつけないといけませんよね?

普段から自分自身で無理をすることではありませんが、予防は出来ます!

いつも自動車を利用しているのであれば、歩いて移動したり自転車を利用しながら身体を動かすことを

意識したり、ストレッチ体操を普段からしておくのも1つです。

最近多いのが、運動不足です!

特に仕事がデスクワークや自宅で出来るテレワークになって長時間椅子に座っての仕事をされている方は多いですよね?

もちろん、それ以外の仕事をされている方も多いですが普段仕事ばかりで運動不足が気になっている方は少し歩いたり、ランニングしたり、スポーツジムに通い汗を流している方もだんだんと増えてきました。

身体を鍛えることは腰痛の予防はもちろん、肩こり、膝痛など様々な身体の不調の予防にもつながりますので、ギックリ腰でお悩みの方は筋トレもオススメです。

あと、気になるのが太っていたり、痩せすぎたりしている方です。

太っていると身体の負担が大きくなり腰痛以外でも身体の不調が出くることが多いに考えられ、本当に身体の不調が出やすいので体重が増えて悩んでいる方はダイエットしてくださいね!

また、反対に痩せすぎている方もギックリ腰になる可能性はあります。

筋肉や脂肪が少なくて身体を支えられずに起こる可能性もありますので、痩せすぎに対しても

身体の不調が起きやすいので食事に関してもしっかり栄養がある物を意識して食べて、健康的な

身体を目標に痩せすぎてもダメですし、太りすぎてもダメですしちょうどいい体型を維持することを心がけていきましょうね!(これが一番難しいですが日々の食生活や運動を意識しましょうね!)

身体を元気な状態でキープしながら日常生活を快適に過ごせる努力をしていきましょうね!

普段はどうしても運動不足で、身体が疲れやすい方は思いきってスポーツジムに1回行ってみてはどうでしょうか?

体験入会などもあるそうで、最近のスポーツジムは本当に広くて設備も沢山ありジムで汗をかいている方は年齢や性別にかかわらず本当に元気です!

ジムに入会するのはチョット勇気がいるかも知れませんが、数回行ってみてスポーツジムの機械の使用方法やトレーナーさんのお話しなど、お風呂やプールなどその他にもジムに入会をするために自分でも

考えて入会すると、しっかり運動して徐々に身体も変わっていく方が多いです。

しかし、運動をする事を自然に習慣化できればギックリ腰の予防はもちろんその他の身体の不調の予防にもなります。

運動不足を感じていて、何かしないといけないかな?と思っていて、気持ちと時間の余裕があるのであれば是非スポーツジムでの運動にチャレンジしてみてはオススメします。

何でも最初は辛いですが、だんだんと慣れてくると楽しくなってきますよ!

ジムに行く以外でも自宅で筋トレをやってもいいですし、軽く自宅の周りをランニングしたり散歩もしたり、何か自分で出来る身体を動かすことを心がけてください!

少しの運動でもいいので継続をしていると悪いことはありませんので是非意識して取り組んでみてはいかがでしょうか?

まとめ

本日は「椅子から立ち上がるときギックリ腰になってしまいました!」ということをテーマにして

ブログを書いていきました。

本当にギックリ腰になったら自分が思っている以上に大変です。

普段から気をつけて出来る予防法も取り入れて、ギックリ腰の予防をしていきましょう。

特別に無理する事は有りませんので出来る事から少しずつやってみながら挑戦してみてください!

本日もブログを最後まで読んで下さり有り難うございました。

こちらのページもよく見られています

記事一覧へ戻る
大田鍼灸接骨院

〒 573-0071 大阪府枚方市茄子作4丁目34-2

診療時間
午前(8~12時)
午後(17~20時)

※○の時間帯は8~14時 / 15~20時